精神世界に突入したいあなたへ

2011年5月24日 (火)

ブラック・スワン《総括》

5月18日に「ブラック・スワン」について長々と思いの丈を綴りましたが、
その後もどうにもいろいろな思いがグルグル。
ようやく総括に至りました。

振り返ってみると、ツッコミどころ満載で楽しい映画だったな~…なんて
思ってみたり。何日か引きずる作品に時々出会いますが、
久々に鑑賞後、10日間もあれこれ考えた作品でした。

『白い私と黒い私の2役レビュー』 (ネタバレあり)

続きを読む "ブラック・スワン《総括》" »

2011年5月18日 (水)

ブラック・スワン

原題《BLACK SWAN》 
2010年 アメリカ 108分(2011年5月11日日本公開)


監督:ダーレン・アロノフスキー 脚本:マーク・ヘイマン他
出演:ナタリー・ポートマン(ニナ)、ヴァンサン・カッセル(トマス)、
ミラ・クニス(リリー)、バーバラ・ハーシー(母)、ウィノナ・ライダー(ベス)

Blackswan

私の好き好き度 ( ´・ω・`)

『幻覚見過ぎてぽぽぽぽーんっ!』 (ネタバレしすぎ)

評判が良すぎて、なんとも言いにくいんですが、
個人的には「あんまり…」。(←声ちっちゃ!)

ただ、私の職業柄、どうも舞台芸術・古典芸術が関わってくると、
映画を観ながら「割り切る頭」がものすごく鈍くなることも大きな原因。

今回は、「バレエが題材」にマジで突っ込む職業人としての感想と
「サイコスリラー」としてかなり笑ってしまった映画ファンとしての感想、
まるでオデット(白鳥)とオディール(黒鳥)のような二面性レビューでいきます。

さて、長いですよ。今回はいつもの「倍」の文字数です。
お好きな飲み物片手にお読みください。

続きを読む "ブラック・スワン" »

2011年4月22日 (金)

「エンジェル・ウォーズ」

原題《SUCKER PUNCH 》 2011年アメリカ・カナダ 110分

Suckerpunch2_2

監督:ザック・スナイダー 脚本:ザック・スナイダー、スティーヴ・シブヤ
出演:エミリー・ブラウニング(エミリー)、アビー・コニッシュ(スイートピー)
ジェナ・マローン(ロケット)、ヴァネッサ・ハンジェズ(ブロンディ)、
ジェイミー・チャン(アンバー)、スコット・グレン(ワイズマン)


私の好き好き度( ω )

『ただの萌え映画…じゃないことに萌える!』(ネタバレなし)

「これは一見男性向け作品に見えますが、
女性こそ萌えに萌えて燃えるんじゃなかろうか?!

というのも、60年代から日本にある「魔女っ子シリーズ」
はじめ、今現在のプリキュアに至るまで、主人公の
変身・特殊能力・強敵の数々…というパターンは
いつの時代も女の子たちを夢中にさせてきました。

この「エンジェル・ウォーズ」もその要素アリアリ。

まずは目で楽しんだ。しかも、エロ目線が「女性的」?

続きを読む "「エンジェル・ウォーズ」" »

是非、ご覧くださ~い

  • 試写会が当たり鼻血ブー!wずっと待ち続けた甲斐がありました(涙)

我爱你!李 連杰!

今後もJet作品のBD化が増えること願ってます( ^ω^ )♪

無料ブログはココログ