管理人ごあいさつ。

Shaining2_4
「ひっそり書き綴ろう」なんて思っているブログへようこそ。
10代の頃から映画の感想をノートに綴って、今年で早19年目。

» 続きを読む

2011年7月22日 (金)

奇跡の旅

原題《HOMEWARD BOUND》 1993年 アメリカ 85分

監督:デュウェイン・ダナム  脚本:キャメロン・トンプソン
声の出演:マイケル・J・フォックス、ドン・アメチー、サリー・フィールド

3hiki2

『3匹が駆ける!大好きな家族に会うために!』
(ちょっぴり裏事情語りあり)

私の好き好き度 ( U ^ω^ )ワンワンっ(▼ ^エ^ )

以下、2011年7月16日Yahoo!映画投稿後、筆を加えたものです。


1961年の児童書ベストセラー「三匹荒野を行く」を
1963年に映画化したのがディズニー。

そんなディズニーが、30年後(93年)にリメイクしたのがこの作品。
7月15日にNHKBSで観たのですが、下手にCGに頼らない
アニマルアクターたちのガチンコぶりにびっくり!
「体を張った演技」の数々に感心するやら、心配になるやら、
そして、やっぱり泣かされるやらで、忙しい鑑賞となりました。

 

» 続きを読む

2011年7月13日 (水)

シャム猫FBI/ニャンタッチャブル

《原題:That Darn Cat!》 1965年 アメリカ 116分

監督:ロバート・スティーブンソン 脚本:ザ・ゴードンズ
出演:ヘイリー・ミルズ、ディーン・ジョーンズ、ロディ・マクドウォール他

Fbinyan

『邦題見て避けないでニャ~~ン!』 (ネタバレなし)

私の好き好き度 ( ^ω^ )

以下、2011年7月12日にYahoo!映画投稿後、筆を加えたものです。


7月12日のNHKBSシネマで鑑賞。
「ニャンタッチャブルって、クリスティーナ・リッチの?」と頭にハテナ。
90年代に「誘拐騒動 ニャンタッチャブル」という作品がありました。

Fbinyan2

「ニャンタッチャブル?!なんというタイトルセンス…」と思いながら結局借りず。
フムフム、どうも「誘拐騒動~」の元ネタが、この「シャム猫FBI~」らしい。

結局、いろいろ検索したものの、「シャム猫FBI」に関してのレビューは皆無に等しく、
Yahoo!映画でもまだ0件。備忘録を兼ねて投稿しておきます。

» 続きを読む

2011年7月 5日 (火)

海洋天堂

《原題:海洋天堂》 2010年 中国 98分
2011年7月9日 日本公開


監督・脚本:シュエ・シャオルー
出演:ジェット・リー、ウェン・ジャン、グイ・ルンメイ、ジュー・ユアンユアン

Kaiyoutenndou
『ジェットファンの想い集結!祝★日本公開!』
(ネタバレなし、でも想い強し)

私の好き好き度 ( ´;ω;`)ブワッ

以下、2011年7月2日にYahoo!映画投稿後、筆を加えたものです。


日本では公開予定がなかったこの作品。
しかし、日本の多くのジェットファンの気持ちが届き、
日本公開が実現されました。
中心となって動いて下さった方々には頭が下がる思いです。
私も微力ながら、この1年、ブログ等で宣伝・紹介し、
少しでも多くの方に観て頂けるよう願いを込めました。

そんな首をなが~~~くした想いが通じたのか試写会当選!
公開前に一足お先の鑑賞となりました つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

» 続きを読む

2011年7月 4日 (月)

SUPER 8/スーパーエイト

《原題:SUPER 8》 2011年 アメリカ 111分
2011年6月24日 日本公開


監督・脚本:J・J・エイブラムス 製作:スティーブン・スピルバーグ、ブライアン・バーク
出演:ジョエル・コートニー、エル・ファニング、カイル・チャンドラー 

Super8_2

『J・Jの”大作”風、インディーズ映画だよね、これ!』
(オチには触れない程度レビュー)

私の好き好き度 ( ̄ー ̄)ニヤリ

以下、2011年6月29日にYahoo!映画投稿後、筆を加えたものです。


この5は完全に私の「ツボ」刺激度。
くらいの評価が妥当だと思いますので、あしからず。
J・J の描く愛しきクズテイスト
「クズ」といっても私にとってはイコール
「本当にしょうもないwwwwwでも、好きよ♪」の作品のことを指します。

» 続きを読む

X-MEN:ファースト・ジェネレーション

原題《X-MEN first class》 2011年 アメリカ 131分
2011年6月11日 日本公開


監督・脚本:マシュー・ヴォーン 原案・製作:ブライアン・シンガー 
出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ケヴィン・ベーコン、
ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト、ジャニュアリー・ジョーンズ

Xmenfirstclass


『X-MEN未見の方には超推薦!ファンの方は「何この感慨」!』


私の好き好き度 ( ω )

以下、2011年6月26日にYahoo!映画投稿後、筆を加えたものです。


ぅぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉー
予想を上回るしびれっぷり!
サイクロップス並みのオプティック・ブラストを発する自信があるほど、
かなりの興奮を得ました。目から涙どころか、光線でるわ!マジで!


X-MENシリーズ、つっこみながら毎度楽しく
観ていましたが、今回はまた一味違った重厚さ。
映画シリーズ4作との辻褄合わせなんていらない!
単品としても十分見応えある出来だと思います。

» 続きを読む

2011年6月27日 (月)

犬飼さんちの犬

2011年6月25日公開 92分

監督:亀井亨 脚本:永森裕二
出演:小日向文世、チリ(サモン)、木南晴夏、ちはる、池田鉄洋、佐藤二朗

Inukaisan
公開初日にワーナーマイカルシネマズ新潟でもらった先着プレゼント。
サモンの生写真(笑) 冷蔵庫に貼ってます。


『芸なし、死なし、愛想なし。でも愛しい。だから愛しい』
(ネタバレなし)

私の好き好き度 ( U ^ω^ )ワンワン 

以下、2011年6月25日にYahoo!映画に投稿後、筆を加えたものです。


亀井亨監督と脚本家・永森裕二さんの
動物と人間と映画に対する姿勢が好きです。
「幼獣マメシバ」、「ねこタクシー」に続くタッグ。
永森さんに至っては、動物シリーズを書くこと5作目。

相変わらずの「おっさんと動物」モノ。
そして、そこに出てくる動物たちは、決して芸もしなければ、
人間に媚びることもなく、更に言えば、つい映画がやってしまう
「涙、涙の死」路線などかすりもしない。

» 続きを読む

2011年6月18日 (土)

ロシアン・ルーレット

原題《13》 2010年 アメリカ 97分
(2011年6月18日 日本公開)


監督・脚本:ゲラ・バブルアニ
出演:サム・ライリー、ジェイソン・ステイサム、ミッキー・ローク

13movie

『私のこめかみには、やや不発…の残念感orz』 (ネタバレなし)

私の好き好き度 (# ̄З ̄)

(以下、2011年6月18日Yahoo!映画投稿後に更に筆を加えたものです)

ゲラ・バブルアニ監督の「13 TZAMETI」(2005)
未見ですので、本作のみの印象のレビューです。

鑑賞後、つい「全編どうしてこうなった?!」と言いたくなりましが、
如何せんゲラ監督の“セルフリメイク”。
他人様がリメイクしているならいざ知らず、自分ですからね~。
前作を知らない私ですが、印象としては、「5年かけて、妙な味付けしちゃった?」

» 続きを読む

2011年6月 6日 (月)

英国王のスピーチ

原題《The King's Speech》 2010年 イギリス 111分
(2011年2月26日 日本公開)


監督:トム・フーバー 脚本:デヴィッド・サイドラー
出演:コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェフリー・ラッシュ

The_kings

『高鳴る緊張感をジョージ6世と共に』 (相当ネタバレ)

私の好き好き度 (`・ω・´)キリッ

(以下、Yahoo!映画投稿後に追記を重ねたものです)

遅ればせながらようやく鑑賞(2011年5月27日)。
アカデミー賞で4冠を獲った際、日本公開が待ち遠しくなったと同時に、思わず
これ、アカデミー会員からのウィリアム王子とケイトさんへの婚約ご祝儀?!
と思った私がいました。

» 続きを読む

2011年5月27日 (金)

アジャストメント

原題《The Adjustment Bureau》 2011年 アメリカ 106分
(2011年5月27日 日本公開)


監督・脚本:ジョージ・ノルフィ 原作:フィリップ・K・ディック
出演:マット・デイモン(デヴィッド・ノリス)、エミリー・ブラント(エリース)
アンソニー・マッキー(調整局・ハリー)、テレンス・スタンプ(調整局・トンプソン)
Adjustment

『すごいぜ!この中途半端感!もっと調整しろ(笑)』
(ネタバレなし)

私の好き好き度 (# ̄З ̄)

マット・デイモンと出会って早13年…
「グッド・ウィル・ハンティング」の時はお互い20代だったよね…。(って、恋人かw)。
「あの顔が苦手」などと失礼なことばかり言いながら、
マットの出演作、ほぼ観てしまっている私です。

役によって体型の絞り込み可能なマットさんですが、今回、非常に恰幅よかった。
40代の大人の体型!ドッタバタ走る姿にボーンシリーズの面影は薄い。

何やらポスターは20代のような体の締まりだけど
(まるでフォトショ職人にいじらせるアイドルのようだわ!爆)、
映像観たら、マットさんもそれなりの年齢だと確信しました。
今回も頑張ってましたよー!頑張ってた…頑張ってたよ…ぉぉぉぉぉ…

でも、すっかり予告に釣られてしまった訳ですが。

» 続きを読む

2011年5月25日 (水)

青い珊瑚礁

原題《The Blue Lagoon》 1980年 アメリカ 105分

監督:ランダル・クレイザー 脚本:ダグラス・デイ・スチュワート
出演:ブルック・シールズ(エメライン)、クリストファー・アトキンズ(リチャード)

Sango2

『つい、やましい心で観てしまう(笑)”本能ファンタジー”』 
(ややネタバレ)

私の好き好き度 (´∀`)σ)Д`*)

これを観たのは中学生の頃。
期末テストの勉強をギリギリまでサボった挙句、徹夜。
その徹夜でさえ自暴自棄になり(サイテーw)、深夜にテレビをつけたら
これの再放送が流れてきました…。

あぁ、もう勉強どころじゃないよ!!目がギラギラっ(爆

» 続きを読む

«ブラック・スワン《総括》

是非、ご覧くださ~い

  • 試写会が当たり鼻血ブー!wずっと待ち続けた甲斐がありました(涙)

我爱你!李 連杰!

今後もJet作品のBD化が増えること願ってます( ^ω^ )♪

無料ブログはココログ